News

繊細優美な磁器と硝子芸術の世界- 点から線へ-
磁器・中里博彦、中里博恒/硝子・竹原功樹 三人展

2019年9月20日(金)- 9月22日(日)


    

  
 

 

ご予約は不要です。 開催期間はどなたでもお気軽にお越しください。

 

9月20日(金)12:00~18:00

9月21日(土)11:00~18:00

9月22日(日)11:00~16:00

 

※こちらのイベントのお問い合わせは、 090-9142-9693(安田)まで

 

中里博彦/HIROHIKO NAKAZATO

 

1975年、長崎県佐世保市の三川内焼窯元『松雲窯』の双子の長男として誕生。
高校卒業後、京都にて村田幸之助氏に南画を師事。
帰郷後、中里廣松に師事。
2007年、佐賀県有田町にて『陶房 心和庵』開窯

繊細な筆使いから生み出す色鮮やかな絵柄は、食材とともに食卓に彩りを添える。
心豊かな食の時間を演出する器作りを目指す。

 
Instagram
hcth7853

中里博恒/HIROTSUNE NAKAZATO

 

1975年、長崎県佐世保市の三川内焼窯元『松雲窯』の双子の次男として誕生。
高校卒業後、中里廣松、田沢大助氏に師事。

三川内焼の伝統的な風合いも継承しながら、現代人の生活スタイルに合わせた器づくりを目指す。

 
Instagram
hirotsune_nakazato

竹原功樹/KOKI TAKEHARA

 

ガラスの器に生物を中心とした緻密な世界観の絵付けが特徴的な作品を制作。
繊細な筆使いと、独自の感性で表現する身近ガラス芸術の世界。

 
Instagram
kokitakehara
kokitakehara_painter

 
<ご注意>
・お客様用の駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用ください。
・安全面から、小学生以下のお子様の施設へのご来場はご遠慮ください。
 
 
 
Top